FC2ブログ

2018-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Web2.0-方々から聞かれることが多いため、複数の方がみれるように


Web2.0によって何が変わるか?

システム的に変わるという認識だけでなく、世の中への影響と言う面で私なりの見解です



とは言っても、何冊か本を読んだり、ネットを探したり、実際に使ってみての情報を

ちょっとづつ細切れにしたような感じなんですね



一言で言うと、

情報発信の進化のの事(双方向、多次元) といえるのかな? 

少なくとも技術的なことを言っているのではないのです





今まで、新聞、TV、ラジヲ、口頭での会話、これらはすべて

発信者と言うフィルターを通して伝えられるわけです



発信者の意向によって、例えそのつもりが無くても情報は多少なりとも形が変わりました

意図的に都合の良いように変形されることも、権力によって制限されることもあり、

それが古代からの常識でした




なので、信頼できる大手をと言うことになって行ったわけです

だからと言って大手の信頼とやらが本当に信頼できる保障はどこにもないのですが・・・




さて何が変わったか?

個人の情報発信が極端に簡単になりました

これはブログ、Podcast、wiki、vox、SNS、RSS 等ですが、極端なCheap革命が起こったようです

はっきり言って専門知識は全く必要ありません 数分で情報を発信できます



マイクロソフトのWindowsに対抗する無料のLinuxなんてのも、もしかしてこれからキーになってくるのかもしれません



そしてこれら多くが、階級、立場の制限を取り払い、双方向の情報のやり取りを可能とする方向に導きます


例えば、記事が書かれた ⇒ コメント ⇒

あいつはこう言っているけれど私はこう思う、じゃあこっちのサイトはどうだ?

と言う具合に自動的に、無限に、階層構造でつながっていくといった具合です




では、情報量がしばらくムーアの法則のごとく急激に膨れ上がって言ってしまうのか?

そうなると確率的にジャンクの情報しか見つからないのでは?



そこで必要なのがgoogleのような検索エンジンです

google検索の特徴の1つが、被リンク数といった極めて民主的な投票のような仕組みでサイトの優劣を判定していきます

また、googleパーソナライズ検索等は個人の検索の癖に合わせて学習して行って検索精度を上げる方向にもって行きます


ジャンク情報対策としては、SNSなど、身元が割れている人の書き込みも一役買っているのかもしれません



さて、急激に増えた情報の中から目的とする情報を的確に見つけることができるようになりました

出てきた情報に対する自分の意見も広く公開できるようになりました(一瞬で、0円で)



これによって何が起こるか?


まずWeb1.0時代の破壊が起こりそうです

TV局、新聞社、といった所は情報の即時性から言ってWebに勝てそうにありません

これら一方向の発信者よりも双方向でやり取りできるWebの方がバイアスがかかっていないと判断されそうです

そして、TV局の放送機材が無くてもWebで、個人で動画放送ができてしまいます 無限に多チャンネル化可能です


新聞だって紙面を印刷することなくWebなら0円だし日刊なんていうことはありません、

Webなら読んだ人から一瞬でフィードバックが掲載されます



百科事典の間違いの数とWikipediaの間違いの数は同じ位だったそうですが、最新情報という意味ではWikipediaにかなわないでしょう

学者、知識人による独占ができなくなりそうです



ネット上の情報は無限だし、一瞬で検索できるうえ、あっという間に増殖していくのに、

書籍の内容が検索できなければ売れるわけが無い


検索できなければこの世に存在しないのと同じ事になりますよ

なんてamazonが言っているようですが・・・



たびたび出てきたワードですが、無限に と言うのがロングテールと言うもう1つの現象を可能にしているようです



通常スーパーマーケットの陳列棚にはどうやっても制限があります

お客さんだって店内を歩き回れる範囲に制限があります

なので、基本的には売れ筋商品を中心に、目立つところに配置していくといった手法がとられていき

売れる商品の2割が8割の利益をもたらし、残りの8割が2割の利益をもたらす

パレートの法則 8:2 になっていくわけです




ところがネットのリソースは 無限 なんですね

YahooとかMSNとか頭の部分のトラフィックが多いといった現象はもちろんありますが、

8:2の法則が崩れてきている

頭の部分が多いのと同時に、尻尾の部分が無限の長さを持っているわけですね

googleの検索技術は尻尾の部分からも一瞬で検索するために起きる現象ですが、

どんな少数意見、マイナー情報も抹殺されない


予測としては、超ニッチ商品の登場、価値観の多様化などが考えられるのかもしれません



大手を運営して、顧客を囲い込み、そのページに広告を載せると言う今までのYahooのモデルがひっくり返るかもしれませんね



さて、とうとう情報の制限が付かなくなってきそうです

ほしい情報がすぐ手に入る世の中、

新しい情報はあっという間に共有されて、すぐさま改良されていくとどうなるか?

進歩がものすごく早くなりそうだということは想像が付きそうです


冷静に見て、1つのビジネスモデル(会社)は10年しか持たない すぐにそれより優れたモデルが登場するから

10年ごとに違う仕事をすることになる

という見解がありますが、中でも情報起業はその最たるものであって、数ヶ月レベルといった感じでサイクルが極端に短い

ネットは物理的運動が必要ないのだからその通りかもしれません



googleでは電子メールはほとんど使わなくてブログで社内情報共有のようです

革新的なサービスと次々と打ち出す理由の一面を見た感じですね



googleは破壊者か全能の神かなんて表題もありましたが、



Adsense等によって世界の賃金格差を解消していき、


急ピッチで行っているようですが

言語翻訳によって全体の80%を占める英語情報をシームレスにやり取りできる環境を整えることで、

世界の壁を低く、紛争等の回避に役立て、


情報取得が容易になるので、ビジネスチャンスが増えるだろう



といったような神 となりそうな部分に期待するわけです




今までの利権を守る動きもあるようですが、世の中常に変化していくものなのでそんなことはどうでも良い時間の問題として

個人的に情報は超貴重なものとなりそうだと想像しているところです




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://scarred.blog71.fc2.com/tb.php/25-48496544
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア

カテゴリー

タグリスト

雑記 あったら便利? インターネット 書籍 google 学習 忘れないためのメモ 投資 健康 農業 システム  能力開発 販売 ソフト 瞑想 英語 自営業 記録 オンラインレンタル アマゾン 相場   証券会社 トレーディング レンタル 音楽 マネジメント プロ ソフトウェア ゲーム サーバー ビジネス 通勤 成功 マイナスイオン メーカー 宣伝 ダイエット あやしい 健康維持 宗教 携帯 データ CD あったら便利? バックアップ 保存 アドレス メモリ ニート フリーター ガン 糖尿病 アトピー 冷水浴 少し便利? 翻訳 オーディオセミナー イージーリスニング 正社員 非正社員 下流社会 ipod オーディオブック itune 信頼 

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

RSSフィード

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

Translate

Shared Item


Shared Item RSS

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2カウンタ


無料カウンター

フリーエリア

フリーエリア

WorkArea

FC2チャット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。